で、カーボンリムって、どうなのよ??

と、カーボンリムを売っている店らしからぬタイトルなんですが(汗) でも、お客さんからよく聞かれるんですよ、カーボンリムって、どうなのよって・・・・ これ、TR40-275っていうリムで、当店イチオシ、最近はやりの、ちょっと幅広リムで、2.4サイズからプラスサイズ、マキシスのWT規格にも対応なんていう欲張りリムで、おいらも使っています。でもね、重量は440gくらい・・・ アルミリムとあんまり変わらないんじゃね?? それ言っちゃおしめぇよ(白目)でもね、仮にアルミリムと同じ重さだったとしても、カーボンリムの方がMTBには向いていると、おいらは断言しています。 一般的に、カーボンはアルミよりも強度があると言われます。もちろん、これ正しい。ものすごくざっくりな数字ですが、比強度という値(破壊比強度と言って、重量に対してどのくらいの強度があるのかという指数)で比較すれば、カーボンはアルミに比較して、2倍から2.5倍は強いんです。 なので・・・・ アルミリムとカーボンリムが同じ重さなら、強度は2倍から2.5倍!! なので、リムハイト30㎜なんていう形状で作れちゃう! TR40-275は、リムの高さが30㎜もあるので、スポークが短くなって、ホイールを組んだ際の剛性がアップします。でも、アルミのMTBリムは、高さがあるものでも20~22㎜くらいが主流なんです。これはなんでかというと、リムハイトが高くなると、側面に石などが当たるリスクも高くなるわけですが、アルミリムだと、ピンポイントの衝撃…

続きを読む