3Dなスポークのお話

いまさらなんですが、当店では、よっぽどのリクエストがない限り、ホイールを組む時には、Pillarのスポークを使っています。 なんでかというとですね・・・・ Pillarスポークの首の部分は、実はちょいとばかり太くできていて、とにかく折れにくい。メーカー曰く、普通のベンドに比べると、4倍強い!ということなんですが(汗)、まぁ話半分だとしても、倍は強い(大汗)。 そしてそんな強いスポークに、さらなるバージョンがあるんですよ。 なんか、のっけからピンボケで申し訳ないんですけどね・・・上のスポークは、首の部分がちょいと太くなっているでしょ?そして、下のスポーク、首の部分がちょっと潰れているように見えるでしょ? これ、Pillarスポークの3D Forceというスポーク。上のふつうのスポークと違って、スクエア断面になっているんです。 PillarのWEBに、もっとクリアな図が出ているので拝借してきましたが、要は、この潰れている部分が、ホイールとして組む際に、上手いこと捻じれを吸収してくれるので、ホイール剛性がガッツリと上がるというもの。 まぁ、以前からその存在は知っていたんですが、いざ組んでみると、これが結構違うんですよ。 潰れている部分が、うまいことハブのフランジのヘリにかぶっているでしょ?Jベンドのスポークは、このフランジ部分から屈曲するので、そこにストレスが加わりやすいんですが、3Dだと、それがうまいこと逃がされるんです。その結果、スポークを張っていくときに、けっこう強く張れるんで…

続きを読む

日本初!? SRAM AXE Transmission 組んで、乗ってみました!!

念じればシフトしてくれるかもしれない、SRAMの最新ドライブトレインを組みました!! いや、念力じゃ動かないから(汗) さて、発表以来、その高額な価格も含めて、いろいろとウワサされている、SRAM AXE Transmission、日本での販売はこの夏くらいからという話です。なのに、なんでもう国内のあるんじゃ?というとですね・・・ 日本に代理店がない、あるブランドのフレームの輸入を承ったんですが、そのバイクを完成車で取ると、こいつがついてくることが判ったので、完成車でオーダーいれていたんですよ(大汗)。そしたら、予想よりもかなり速く入ってきたという訳。なので、本邦初公開、当店のSB140に組みつけてみました。 なんだか、ぱっと見は、独特な雰囲気ですねぇ・・・未来的と言えば未来的、でも、ちょっとオモチャ感も否めず・・・ Transmissionのウリは、このリアディレイラー。UDHハンガーを取り外して、ダイレクトに取り付けるというもの。スプロケットとディレイラーの位置関係は変わり様がないため、ローハイのアジャスティングスクリューがなくなりました。ついでに、Bテンションボルトもなくなったんですが、実際には、固定ボルトを緩めて、ディレイラーの前後位置を調整する必要があるので、Bテンションくらいはあったほうが良かったのに・・・とは思いますが(苦笑)でも、一度位置を決めて、しっかり締めこんでしまえば、まず緩むところではないので、これでいいのかも。 XTRのディレイラーと比較すると、こ…

続きを読む

Huck Norris VS Cush Core VS その他新興勢力(汗) な、初心者のための、タイヤインサート…

ここ数年で、タイヤの中にあんこを入れて、耐パンク性能をアップさせる、タイヤインサートの種類がずいぶんと増えてきました。が、とにかく種類が多くなったので、いったい、どれがいいのよ?と困惑することもしばしば。ということで、タイヤインサート初心者のために、当店的なまとめをちょいとご紹介します。 まぁ、元祖なのがこいつですよね。 ご存じ、ハックノリス。スポンジ的な素材のベルトをタイヤの中に入れて、リム打ちを防ぐという単純なもの。 で、この後出てきて、一気にそのシェアを拡大したのが・・・ このCush Core。登場するや否や、ダウンヒルレースやエンデューロレースで一気にシェアを拡大し、今や、タイヤインサートの代名詞にまでなってきました。 で、ここで気になるのが・・・・ どっちがいいのよ??? まぁ、そう思っている人は、世界中どこにもいるもんで・・・(汗)。いろいろ調べていたら、具合のいいイラストを発見しましたよ。 このイラスト、すごくわかりやすいんで、説明も一気に楽になるんですが、この2種類の大きな違いは、Cush Coreは、タイヤを内側から補強して、剛性をアップするような構造なのに対して、Huck Norrisは、タイヤそのものの剛性には、そこまで大きく作用しないという点です。 Cush Coreは、タイヤの中の容積の半分近くを占めるため、空気量も少なくなります。さらに、ビードもまず落ちず、タイヤサイドも変形しないので、低圧で運用しても、コーナーで腰砕けになりません。加え…

続きを読む