Dabomb Sentinel 29 をいろんなバイクと比較してみた

ロングストロークなフロントサスペンションに対応している、29インチ対応の、いわゆるハードテールエンデューロフレームの平均的な価格は、10~20万円の間(クロモリ&アルミ)なんですが、そこにいきなり、5万5000円という衝撃価格で殴りこんできたのが、DabombのSentinel 29 Boost (汗)
フレーム価格に見合った、ミドルグレードないいパーツで組んでも、20万円台で完成車になってしまうという、恐るべしコスパなバイク。で、おいらがちょっと乗って勝手に決めちゃったんですけれど、このバイクは究極の入り口ハードテールトレイルバイクなんですよ(謎)

なんのことだかわからんと言われそうなんですが(汗)、要は、ハードテールで遊びたいと思ったなら、まずはこのバイクという意味での入り口バイク(笑)。逆に言うと、いろいろと販売されている、ハイエンドなハードテールエンデューロバイクの、本当に基本的な部分だけをしっかり持っている、あとから出てきたのに、ずいぶんとベーシックなバイクなんです(大汗)

1.JPG

はい、こちらが当店のデモバイク。

フロントサスペンションは、FOX34の160㎜ストローク(そんな仕様はないんですが、ワンオフで・汗)。メインコンポは、SRAM SX Eagle。ブレーキはDeoreの4pod。ドロッパーなども全部こみこみで、税込み29万8000円なり~。
これは、ある程度いいパーツを使っちゃっているからこの金額なんですが、もうちょっと部品構成を見直すと、12速仕様のまま、ドロッパーポストなども入れて、税込み22万円でつくれちゃう!!

ヘッドアングルは65.5°と、結構攻めたヘッドアングル。反面、シートアングルは73°と、ちょっと今時じゃない(汗)。チェーンステー長は445㎜とこれも今時としては長め。さらに、BBハイトがけっこう高く(大汗)、リーチがMサイズで400㎜弱というショートリーチ(滝汗)。

でも、このジオメトリーを読み解くと、まずはこのバイクの基本は、トレイルの下り。
ま、マウンテンバイクの楽しみと言えば、なんだかんだ言いつつも下りですよね(笑)。で、Sentinelがターゲットとするのは、いわゆるトレイルの下り。パークのダウンヒルのようなハイスピードではなく、ナチュラルトレイルの下りを気持ちよく走ることを考えられているんではないかと思います。
そこそこ下れて、タイトターンでしっかり曲がれて、トレイルでペダルを障害物にヒットしにくく、ドロップで腰をしっかりと引けて、さらにリア加重で安定させやすいとも解釈できるわけで、改めて考えてみれば、ハードテールトレイルバイクの基本と言えば基本なんですね。

で、このバイクがどんなにベーシックなハードテールエンデューロなのか?というのを紹介したいんですが、このご時世だとがっつり走って紹介するわけにもいかないので(汗)、当店だからできる大胆な比較で、このSentinel 29を分析してみることにしました!

で、1発目の比較は・・・・

2.JPG

Nordest Bardino2!

フレームの価格差4万9500円!!!

こやうやって並べてみると、Sentinelよりもフロントセンター(ホイールベースの前側)が長いです。あと、BBハイトも若干低くなっています。

3.JPG

重ねて置いてみると、Sentinel の方が、シートアングルが寝ています。

実際は、Sentinelが73°、Bardino2が75°なので、2度しか違わないのですが、2°って、こうやって見ると結構な差なんですね(汗)
また、チェーンステーがSentinelよりも20㎜短い(Sentinelは445㎜)。つまり、Bardino2 は、登りもある程度パワーをかけて走ることを想定しているとも言えます。また、リアを短くして、前を長くして、振り回しやすくしているというのもあります。

4.JPG

Bardino2のヘッドアングルが64.5°、Seintinelが65.5°。見た感じはほぼ同じですが・・・

5.JPG

リーチが全然違う!!

Bardino2は、リーチが444㎜と、フルサスなみに長く、ステムは短くするのが前提で作られています。
実際、このSentinel のステムは45㎜。Bardino2のハンドルバーの突き出しは40㎜。それなのに、これだけ違うんです。

Bardino2 は、ガシガシ登って、ギュインギュインと下れるという表現がぴったりなんですが、前に長いホイールベースと寝ているヘッドアングルのおかげで、低速のタイトターンを犠牲にしているわけです。


で、2発目の比較は・・・・

6.JPG

Stanton Switch9er TI !!

フレーム価格差、30万円!!!(爆)

もちろん、チタンだから高いんです。でも、クロモリモデルだったとしても、価格差は10万円以上(汗)

Switch9erは、とにかく安定感重視のオールラウンドなハードテール。その安定感は、BBハイトの低さに起因しているんですが、こうやって見ると、Sentinelに比べると、結構低いですね・・・

7.JPG

Switch9erのシートアングルは74.5° チェーンステーは、Sentinelよりも18㎜短い仕様です。やっぱり、シートアングルが立っているのが際立ちますね。ちなみに、タイヤは、両方とも2.6。

8.JPG

ヘッドアングルは、両方とも65.5°なので、横からの写真はこの通りどんぴしゃり。

9.JPG

ですが、Switch9erは、リーチが453㎜と、Sentinelよりも53.5㎜も長い!なので、Switch9erの方が、ステムが10㎜短いのに、こんなにハンドル位置に差があります。
これは、Switch9erは、さらにハイスピードで走ることを想定して作られているためと言えます。下りでコーナーを体重移動でギュンギュン走りつつ、パワークライムを維持しやすく、ストレートも安定しているというのが、Switch9erだと言えます。言い換えれば、Sentinel29の特性をハイスピードに振っていくと、Switch9erになるということなんでしょうね(笑)。
でも、言うまでもなく、やっぱりスローなタイトターン性能は犠牲にしちゃっています。


最後の3発目は・・・・

10.JPG

Production Prevee SHAN GT !!

価格差、8万2000円!!!

こうやって見ると、だいぶSentinelに近いですね(笑)。事実、SHAN GTも、コンセプトとしては、下りも楽しい、オールラウンドなトレイルバイクなので、前述の2台に比べると、スローなタイトターンというのもかなり考えられたジオメトリーになっています。BBハイトは、やはりSentinelより気持ち低め。Bardino2よりも2㎜低く設定されています。

11.JPG

SHAN GT のシートアングルは73.7°とオーソドックスで、Sentinelに近いです。でも、チェーンステーは427㎜と結構詰めてきています。

12.JPG

そして、SHAN GTのヘッドアングルは、66.6°と、ちょっと立ててきています。また、フォークの推奨ストロークも120~140㎜と、Sentinelよりも短めな設定なんです。なので、ホイールベースは、なんとSentinelよりも20㎜も短くなっています。

13.JPG

そして、リーチも、ほぼSentinelと同じ(厳密には5㎜ほど長い)なので、グリップエンドの位置もこの通り、ほぼ同じ。
これらのことから、SHAN GTは、Sentinelと同等のタイトターン性能でありながら、リアを振り回しやすい作りになっていると言えます。でも、結果としてホイールベースが短くなり、安定性が犠牲になってしまっているので、そこをBBハイトを少し下げることで帳尻を合わせようとしているということですね。

とまぁ、ざっと、3台と比較してみましたが、こう見てみると、Sentinel 29 Boostが、なんだか基本的なハードテールに見えてくるでしょう??(大笑)
なんだか、やり過ぎ感が否めないバイクが多いなか、久しぶりに、リアルにオールラウンドでオーソドックスなハードテールがこのSentinel 29だと思っています。
さらに、この高いBB位置のおかげで、このバイクにそのまま27.5インチホイールを取り付けることも可能。Sサイズを27.5インチで、短めのクランクで組めば、キッズやスモールライダーに最高なトレイルバイクになりますよ!

ただねぇ・・・・こんなバイクを5万5000円で出されると、うちのオリジナルカーボンフレームが売りにくいんだよねぇ・・・(白目)






"Dabomb Sentinel 29 をいろんなバイクと比較してみた" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: