カーボンリムをお勧めする理由、実践編(汗)

なんだか、ひっさしぶりのブログですねぇ・・・・ええ、忙しいんですよ(汗) で、最近おいら、48歳にしてジャンプに目覚めまして・・・(大汗)。 こんな感じで、ぶわーん!と(大汗) で、調子にのっていたらですね、やっちまいました・・・・ オーマイガー!! 岩岳のてっぺんの一番大きなジャンプで、飛びすぎて、着地したところに大きな石があったんですが、まぁ、どうしようもないですねぇ・・・・(白目) でも、この状態でも、カーボンリムは振れません(汗)。それどころか、空気も漏れないので、走って降りてこれちゃいます(大汗) で、一応、タイヤをはぐってみると・・・・ ぐは・・・・(滝汗) 表のレイヤーが1枚、浮き上がってしまっています。さらに、リムが横に膨らんじゃっていますね。 ダメージは内側にも・・・・でも、よく見ると、ビード部分のレイヤーが割れているだけで、リムのリング部分には、ちょっとクラックが入っているだけで、大きなダメージはありません。 ここがカーボンリムのすごいところで、これくらいだと、直せちゃうんです!! 所詮、樹脂なので、エポキシ系の接着剤でなんとかなるといえばなるんですが、当店、何回もトライ&エラーをしてきたおかげで、これくらいのクラックであれば、チューブレスリムとして再利用できるくらいまで直せるようになりました。 まずは、膨らんでしまった部分をもとに戻すんですが・・・・ なんだかちょっとわかりにくいですが、さっきよりも、割れてしまったレイヤーが浮き…

続きを読む

超ド初心者でも、半日で岩岳MTBパークを走れるようになるのか!? ガチで大実験!!

ひょんなことから、当店の別事業部門でお手伝いいただいている、本物のモデルのルーちゃんが、当店ショールームにあるMTBを見て、興味深々・・・・でも、ルーちゃん、いかにも運動神経よさそうなスタイルにみえて、本当は・・・・ 3日かけてもスノーボードで立てなかった!!(大汗) という、筋金入りの、運動神経(白目) 身長174センチのおいらよりも背が高く、顔がこの大きさですよ(涙) で、この大実験になったわけなのです。 MTBを初めて触る女子が、半日で、岩岳MTBパークを走れるようになるのか!? ルーちゃん、本当に、今まで一度もMTBに乗ったことがなく、ディレイラーもわからなければ、ドロッパーポストなんで理解不能(汗)でも、アウトドアスポーツには興味があるとのことで、トレイルサモハン流の、半日特訓を受けることになりました(大汗) でも、特訓とは言えど、その中身はものすごく簡単で・・・・ まずは、MTBの上で立つ練習。左足が前のほうが楽か、右足が前のほうが楽かという、スタンスをまず決めるのが第一。 スタンスが決まったら・・・・ 走っているMTBの上で、足を止めて、お尻を後ろに引く練習。 この後、砂利や芝の上で、ペダリングをして、リアブレーキをロックさせ、またすぐにペダリングして、リアブレーキをロックという、反復練習を5分ほどやります。 で、リアブレーキがロックしても、自転車が倒れないということがわかった時点で・・・・ スキルパークのシーソーと段差で、反復練習。実は、こ…

続きを読む

令和になったので、基本に戻って・・・・

なんだか、令和になるのって、そんなに大騒ぎすることなのかいなと、冷めた目で仕事をしているおいらですが(苦笑) あ、ブログ、すげー久しぶりっすね(汗)いや~、忙しくて忙しくてそれどころじゃございませんでした。 で、久しぶりのブログですが、せっかくの改元なので、おいらの原点で、いまだに一番稼働率が高い、お気に入りのトレイルバイクを紹介したいと思います。 オオタケ トレイルヘッド2 というハードテールです。なんだかクラシックなバイクでしょう? いまどき、オーバーサイズのヘッドなんて、無いし!! オオタケって、どこのブランドよ?という人もいると思うんですが・・・・ 神奈川県は秦野市にある、マウンテンバイクショップオオタケのオーナー、大竹さんのこと。 もともとは、シマノレーシングの一員で、マウンテンバイクの黎明期に、部品の開発に携わりつつ、自分もレースをガンガンやっていたレジェンドなお方。この人がいなかったら、XTRも生まれなかったし、SPDも生まれなかったと言っても過言じゃない人ですね。 そんなレジェンドが、シマノを退社後、マウンテンバイクショップを始めて、自分のフレームをプロデュースしたのですが、このトレイルヘッドは、そんなシリーズ品の中の最終モデル。 1991年からですから、平成3年創業。まさに、平成とともに熟成されてきた、スチールフレームなんです。 トレイルヘッド2は、クロモリフレームの名職人、東洋フレームにて作られ、パイプもカイセイの特注品というこだわり様。ただ、こ…

続きを読む