NORDEST BARDINO2  コスパ最強ハードテールか!?

さて、来年より本格取り扱いの、スペインのハードテールブランド、NORDEST CYCLES ですが、代表モデルともいえるのが、このクロモリハードテールエンデューロモデルの、BARDINO2。 かっちょぇぇ・・・・・(汗) フロントフォークは、推奨150~160㎜なのですが、今回はあえて、170㎜ストロークのMARZOCCHI BOMBER Z1をセット。タイヤは、前後ともに29X2.6サイズ。メーカー曰く、タイヤサイズは、27.5X3.0か、29X2.6まで対応しているとのことです。が・・・・ 29X2.6は、超キッチキチ(汗) 今回はチェーンステーにちょっとだけ擦ってます(大汗) このラテンブランドがぁぁ!!(滝汗) ま、リアは、29X2.5サイズにとどめておくのが間違いありませんね(白目) で、気を取り直して、フォレストバイクにてシェイクダウン。 か、かっちょぇぇぇぇ・・・(クドイ) まずは、フローとタイトターンが混じる下りでテスト。まぁ、これだけヘッドアングルが寝ていて、29インチタイヤですから、ちょっと挙動がダルなのかなと思いきや、まぁ、とにかく思い通りに曲がる!!笑えるくらい、レスポンスがいいんです。それでいて、安定性かなり高し(汗) フレーム剛性は、筋がシャンっと通っているような感じでありながら、意外に振動吸収性がいい。そして、かなりびびったのが・・・・ びっくりするくらい登る! すげぇ登る!!! ちょっと腰を痛めていて、思い切りペダリングできないおい…

続きを読む

見た目一番、性能はその次と思ったら、実は・・・・

もうね、こういうバイクを語るのに、性能なんかどうだっていいと思うんですよ(爆) あああああぁぁ‥‥(惚) ご存知、Production Privee Shan N°5 それも限定のMARTINIカラー!! まずは、Production Privee (以下PP)というメーカーのことを語る前に、MARTINIとはなにかというとですね(そっちかーい) MARTINIとは、イタリアの酒造ブランドで、ベルモットやスプマンテで非常に有名なブランド。1993年に、BACARDIに買収されて、そこからはジンやラム、ワインまでラインアップするメジャーブランドになったんですが、このブランドがとにかく有名になったのがこれ。 60年代からモータースポーツを支援していて、ランチアチームのラリースポンサードは特に有名でした。このカラーリングは、マルティーニストライプと呼ばれているんですが、PPはこれを大胆にフレームデザインに取り入れちゃったわけです。 モデル名も、MARTINIレーシングのマークに似せてくるという徹底ぶり。このN°5を組むにあたり、このマルティーニストライプのイメージをどこまで残せるかということのみを考えて、このデモバイクを組みました。 フォークは、イタリアブランドのMARTINIに敬意を表して、Marzocchi(笑)。カラーリングがまさにどんぴしゃり。ブレーキも、性能よりも色と形で、HOPEのE4をセレクト(爆)。ホイールはここはシンプルに、当店オリジナルのTR40カー…

続きを読む

カーボンリムをお勧めする理由、実践編(汗)

なんだか、ひっさしぶりのブログですねぇ・・・・ええ、忙しいんですよ(汗) で、最近おいら、48歳にしてジャンプに目覚めまして・・・(大汗)。 こんな感じで、ぶわーん!と(大汗) で、調子にのっていたらですね、やっちまいました・・・・ オーマイガー!! 岩岳のてっぺんの一番大きなジャンプで、飛びすぎて、着地したところに大きな石があったんですが、まぁ、どうしようもないですねぇ・・・・(白目) でも、この状態でも、カーボンリムは振れません(汗)。それどころか、空気も漏れないので、走って降りてこれちゃいます(大汗) で、一応、タイヤをはぐってみると・・・・ ぐは・・・・(滝汗) 表のレイヤーが1枚、浮き上がってしまっています。さらに、リムが横に膨らんじゃっていますね。 ダメージは内側にも・・・・でも、よく見ると、ビード部分のレイヤーが割れているだけで、リムのリング部分には、ちょっとクラックが入っているだけで、大きなダメージはありません。 ここがカーボンリムのすごいところで、これくらいだと、直せちゃうんです!! 所詮、樹脂なので、エポキシ系の接着剤でなんとかなるといえばなるんですが、当店、何回もトライ&エラーをしてきたおかげで、これくらいのクラックであれば、チューブレスリムとして再利用できるくらいまで直せるようになりました。 まずは、膨らんでしまった部分をもとに戻すんですが・・・・ なんだかちょっとわかりにくいですが、さっきよりも、割れてしまったレイヤーが浮き…

続きを読む