で、カーボンリムって、どうなのよ??

と、カーボンリムを売っている店らしからぬタイトルなんですが(汗) でも、お客さんからよく聞かれるんですよ、カーボンリムって、どうなのよって・・・・ これ、TR40-275っていうリムで、当店イチオシ、最近はやりの、ちょっと幅広リムで、2.4サイズからプラスサイズ、マキシスのWT規格にも対応なんていう欲張りリムで、おいらも使っています。でもね、重量は440gくらい・・・ アルミリムとあんまり変わらないんじゃね?? それ言っちゃおしめぇよ(白目)でもね、仮にアルミリムと同じ重さだったとしても、カーボンリムの方がMTBには向いていると、おいらは断言しています。 一般的に、カーボンはアルミよりも強度があると言われます。もちろん、これ正しい。ものすごくざっくりな数字ですが、比強度という値(破壊比強度と言って、重量に対してどのくらいの強度があるのかという指数)で比較すれば、カーボンはアルミに比較して、2倍から2.5倍は強いんです。 なので・・・・ アルミリムとカーボンリムが同じ重さなら、強度は2倍から2.5倍!! なので、リムハイト30㎜なんていう形状で作れちゃう! TR40-275は、リムの高さが30㎜もあるので、スポークが短くなって、ホイールを組んだ際の剛性がアップします。でも、アルミのMTBリムは、高さがあるものでも20~22㎜くらいが主流なんです。これはなんでかというと、リムハイトが高くなると、側面に石などが当たるリスクも高くなるわけですが、アルミリムだと、ピンポイントの衝撃…

続きを読む

ガチで寒いスノーライドをやってみた(白目)

なんで、真冬の北海道にMTBで行ったんだ?というとですね・・・ 実は、当店、自転車屋と同じ場所で車屋をやっておりまして、おいらはハイブリッド車専門のエンジニアとしても仕事をしています。で、これが面白い話で、北海道からも仕事の依頼があるんですよ(汗)。で、今回は、帰りに1台、車を買い取って帰ってくるというミッションになりまして・・・・で、現地での移動を、MTBでやったら面白いんじゃないか??という、とてつもなく安直な思い付きでして・・・・ 思い立ったらやってみよー!! というわけで、本当にやってみました(汗)が、行ったその日は、なんと、ナイトランだったんですね(大汗) クッソ寒いでやんの!! こんな道を、なんだかんだ50キロ以上、夜に走りました(白目)ちなみに気温は・・・ マイナス20℃!! で、次の日は昼間走ったんですが・・・・ この日は、ドカ雪!! 我ながら、アホさ加減に自分で呆れました(白目)で、今回の旅のお供のバイクは・・・ 元堀っち虐待済みカーボンハードテール!! 白馬で1シーズン、虐待され続けたスクリーマー2、今度は氷漬け(白目) で、なんで、ファットとかセミファットじゃないのというとですね・・・常に氷点下のスノーライドっていうのは、雪の上よりも、氷の上を走っている方が多いんです。氷の上でスリップする理屈は、氷とタイヤの間に、摩擦で生じた水がサンドイッチされて、摩擦抵抗が限りなく低くなることによるのですが、ファットバイクの場合、氷との接地面積が広くて、押し付ける力…

続きを読む

1シーズン、当店のカーボンフレームを虐待使用すると、どうなるか??

この青いハードテール、ご存知の人も多いですよね~ はい、白馬岩岳MTBパークのガイド&パトロールライダー、堀っちのスクリーマー2。カーボンホイールとともに、当店がテストもかねて供給させていただいております。 はい、このにこやかな人(笑) ただ、堀っちのライドは、ある意味、本人我流の極みでして、堀っち本人もどうやって乗っているのかよくわからんことがあるらしいですが(汗)、ほぼほぼ毎日、乗り倒してくれるので、ある意味究極のテストとも言えます。 で、たまに忘れたころに、こういう格好いい写真をアップしてくれるのですが でもね、でもね・・・・言いたいこともあって・・・ もっと気合いれて宣伝せんかーい!! で、去年のグリーンシーズンが終わったのち、彼のバイクは当店に戻ってきたのですが・・・ まぁ、遠目にはあまりかわらんように見えるのですが・・・ お、おう・・・・(汗) お、お、おおおう・・・・(大汗) こんなにトップチューブぶつけまくっているのね(滝汗)。でも、当店のフレームは、トップチューブは横からぶつけるものと想定して作っているので、これぐらいじゃまったく問題ありません。 が・・・さらにエグイのが・・・・ な、なんですと・・・・(滝汗) どうすりゃ、BB裏をこんなにぶつけるんじゃい!!! うわわわわわ!! いやいやいや、慌てなさんなって・・・・ 実は、これは、割れではなくて、欠けなんです!!  当店のバイク、BB裏など、よーくぶつけるところは…

続きを読む